BeatsのBluetoothイヤホンでコードレスな筋トレライフ

最近筋トレ中にイヤホンをして音楽を聴くのですが、Apple純正イヤホンを使っていて、コードが邪魔でした。

ポケットにiPhoneを入れた場合、体を倒した時にコードが下にダラーっとぶら下がるし、

フロントスクワットをする時は鎖骨の上にバーベルを乗せるので、イヤホンが潰されて不便です。

ってことで、前前からBluetoothのイヤホンを買いたいとは思っていました。

でも以前使っていたDENONのBluetoothイヤホンが1年くらいで壊れたのでそれからは買ってなかったんです。

またどうせ壊れるだろうと思っていたので。

スポンサードリンク

Beatsへの憧れ

画像の出典:www.shimamura.co.jp

Beats by Dr.Dreのイヤホンへの憧れが前からありました。

1、2年前にAppleがBeatsを買収してからApple製品として携帯ショップなどでも積極的に売られているのを見て、「かっこいいなー」って思っていました。

あとは、ジムにBeatsのデカいヘッドホンをしている人を見ると、また気になっちゃうんですよね。

そう。Apple社のブランディング戦略にまんまと引っかかっているのですw

「b」のマークもシンプルでカッコイイんですねこれが。

スポンサードリンク

ついに購入

筋トレ時のイヤホンコードの邪魔臭さに我慢がならなくなり、まあ1年くらい持てばいいかと思い、思い切ってBeatsのBluetoothのイヤホンを購入しました。

これです。

色が9種類あって、そのうち一番安かった「White」(15,000円)にしました。

ブルーが一番カッコよかったのですが、22,000円もして、Whiteと7000円も違うし、白もカッコいいかなーと思ったので白で行きましたね。

開封時のエクスペリエンス

iPhoneとかイヤホンとかって、開封時の体験に価値があるじゃないですか。

特にAppleは開封時のエクスペリエンスにこだわっていると思いますが、やっぱり開ける瞬間はワクワクしますよね!

s_IMG_0885

カッコイイ!!

s_IMG_0886

しかし裏面を見るとこの海外感。

中国語と韓国語と英語の書いたシールが貼ってあり、日本語表記は間違ってはいないものの字体から海外のパソコンから翻訳した感じがあふれていますw

日本でばっかりもの買ってるとこの怪しさにはビックリすると思いますが、

これは慣れですね。

この前Nexus5XをAmazonで買った時も同様の怪しさはありました。

いかに日本の製品が雰囲気にこだわっているかがわかりますね。

s_IMG_0890

おお。かっちょいいです。

s_IMG_0888

イヤホン単独ではこんな感じ。

つけてみた感じ

前から見るとこんな感じ↓

s_IMG_0899

後ろから見るとこんな感じ↓

s_IMG_0903

長さの調整は、ストッパーでできます。

首からその紐が飛び出すとちょっとダサいです笑

s_IMG_0893

でもつけ心地は問題ないですよ。

イヤホンのピースが3種類入っているので合うものを選べばいいと思います。

音質

音質はApple純正イヤホンと同じくらいです。

Amazonのレビューで重低音がいいって言ってる人がいましたが、そこまでではありません。

やはり重低音ならBoseのイヤホンではないでしょうか。

まとめ

これを使って筋トレしようと思います。

これでコードレスな筋トレライフが送れる!

あとはどれくらい壊れないでいてくれるかだけですね・・・。

Bluetoothはどうしても壊れやすいイメージがあるので・・・。

丁寧に使いたいと思います。

では!

スポンサードリンク

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。