自分の姿を正面から見ている人は自分だけ!背面も鍛えよう!

先日鏡を買いましたが、今回改めて感じたことがあります。

それは「自分の姿を正面から見ている人は自分だけ」ということです。

この話は筋トレをして体づくりをしていく上でも重要な話ですので今回のテーマにしていきたいと思います。

スポンサードリンク

正面だけ鍛えていませんか?

s_bicepscurl
鏡で映る自分の姿は、正面から見た自分です。

そこで見える筋肉は大胸筋、腹筋、上腕二頭筋が代表的ですね。

上に挙げた3つの筋肉は、初心者がまず鍛える筋肉でもあります。

そう。つまり、人は自分を鏡で見た時に目に付く筋肉から鍛えるわけです。

そりゃそうですよね。

見えない場所のために努力ができるわけはありません。

スポンサードリンク

他人から見た自分は?

s_manga1

確か「人は見た目が9割」という本でも述べられていましたが、他人は、あなたのことを正面から見ているとは限りません。

それよりは比較的斜め前や側面、後ろ側から見ることの方が多いと思います。

正面から見るのはテーブルに座ってご飯を食べたり面接をする時だけで、普段は正面以外の別の角度から見る方が多いはずです。

だから、大胸筋、腹筋、上腕二頭筋だけを鍛えただけでは、「あの人筋肉あってカッコイイ」とはならないでしょう。

側面や背面から見た筋肉

s_jason2
自己満足ならいいですが、客観的に見たカッコイイ身体を目指すのであれば、側面、背面を意識すべきです。

そこで本日伝えたいのは、背中の筋肉を鍛えようということです。

側面見える筋肉が側面の筋肉かというとそういうわけではなく、大胸筋、広背筋、脊柱起立金、腹筋の盛り上がり部分と肩の筋肉なので、意識すべきなのは前面の筋肉と背面の筋肉のバランスをとるということです。

だから前面だけでなく、背面の広背筋、脊柱起立筋を鍛えましょう。

バランスが取れた身体はシンメトリーで良い遺伝子であると判断されるという話もありますしね。

広背筋、脊柱起立筋の筋トレ

s_deadlift5
このブログでは何度か紹介していますが、やはり代表的なのはデッドリフトとチンニングです。

優先順位は、

①デッドリフト

②チンニング

です。

厚み的観点でいうと、デッドリフトは背中の全体の厚みを増し、チンニング肩甲骨周りの厚みを増すのに貢献します。

やはりこの2つをやっている人は横から見た背中の形が違います。

何も筋トレをしていない人や、前面しか鍛えていない人が背中がストンと落ちているいわゆる絶壁なのに対し、鍛えている人は、肩甲骨周りが盛り上がって全体的に丸みを帯びた曲線のある背中になります。

ジェイソンステイサムの背中をみれば明らかですね。

(関連記事:憧れの背中!ジェイソンステイサムの筋肉と筋トレメニュー)

まとめ

以上、本日は、「自分の姿を正面から見ている人は自分だけ」だから前面だけでなく背中を鍛えて、他人から見たときバランス良く見えるようにしようという話でした。

ぜひ、デッドリフトやチンニングを行って他人から見てカッコイイ身体を手に入れましょう。

では。

デッドリフト関連記事
最強の体幹トレーニングはデッドリフトだ!
分厚い背中を作るために不可欠!BIG3のデッドリフトのやり方

チンニング関連記事
より広い背中が欲しいなら、加重ベルトでウエイテッドチンニング!

スポンサードリンク

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。