更なる背中の成長のためにはリストストラップが必要だ!

こんばんわ。長らく半年くらい、リストストラップやパワーグリップなどの握力を支えるグッズを使わずに筋トレをしていました。

しかし、デッドリフト130kgくらいから握力が厳しくなってくるため、amazonでリストストラップ買っちゃいました。

スポンサードリンク

リストストラップとは

list2

リストストラップとは、手首に巻きつけて、バーベルなどが手から離れないようにするための道具です。

あまりに重いものを扱うようになると、握力が耐えられなくなってしまい、鍛えたい部位を限界まで追い込めなくなってしまうんです。

それを解決し、握力を気にせずに高重量を扱っていけるようになるってわけです。

主に、引く動作のトレーニングに使います。デッドリフト、チンニング、ラットプルダウンなど。背中を鍛える競技をやっていれば、いずれ握力に限界がきて、高重量を扱えなくなってしまうんですね。

youtuberの加藤さんが紹介してくれていますので、見てみてください。

スポンサードリンク

なんで使ってなかったの?

powergrip

前に使っていたやつが破れたからです。

そのときに使っていたのは、BODY MAKERのパワーグリップで、2000円ほどで勝ったやつです。
発砲スチロール的な簡易な素材でできているのに、ぼくはデッドリフト130kgとかチンニング勢いつけてやったりしていたので、1年間使ったら破れました。

まあ、一年間お世話になったんでいいですけどね。笑

パワーグリップっていうのは、バーベルなどにひっかけて手で包みこむことで、ぶら下がれるタイプのもので、ゴールドジムのやつだと5000円以上しちゃうんです。

今回買ったやつ

今回、Amazonで買ったやつは同じくゴールドジムのやつなんですが、2000円と、パワーグリップに比べてお手軽です。
まあ、ただの分厚い布みたいなもんですからね。笑

みなさんも、背筋のトレーニングで握力の限界が来たら、パワーグリップやリストストラップを買ってみてください!

では!

スポンサードリンク

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。