夏までにカッコイイ身体を手に入れるための生活パターン

もう2015年も6月です。
露出の多い夏はもう始まっています。
あなたは自分の身体に満足していますか?
もうすでに細マッチョの人も、ちょいポチャの人も、もっと俺は私はいけると思っていることと思います。

今回は、8月を迎えるまでに、より引き締まったいい身体を作るための生活パターンについて考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

炭水化物中心?

protein-for-health1

筋トレとかよりも、まずは食生活の方が大事です。
間食とか夜食とかジュースとか、そういうのがダメとかではないです。

まずは一日の食生活の中心を変えましょう。

今、炭水化物中心生活のあなた!
今たるんでいないとしてもそれは、時間の問題です。

引き締まった身体には、引き締めるための筋肉が必要です。
筋肉を付けずに引き締まった体を作るという選択肢は、2015年6月現在、解明されていないでしょう。

筋肉をつける、維持するための食生活、すなわちタンパク質中心の食生活になる必要があるんです。

スポンサードリンク

筋肉をつけるための仕事

bodybuilder2_685146c

あえて仕事と呼ばせて頂きます。

欧米で筋トレをワークアウトと呼びます。
日本にはまだワークアウト的文化はあまりありませんね。
身体をかっこよくするための仕事、それがワークアウトです。
(細かいツッコミはなしで)

まず、腹筋を何回とか、そういった小手先はまだ考える必要がありません。
筋トレに対する間違ったイメージを正してください。

週2回、それぞれ30分だけ、筋肉にめっちゃ刺激を与えるだけです。

そのたまに来る刺激に対して、身体が防衛本能を働かせて筋肉をつけます。
化学反応を起こすだけなんですね。
努力のプロセスが大事とか、ストイックさが大事とかではないです。

身体にヤバい状況だと勘違いさせてコントロールする。
このワークアウトを週2回30分やっていきましょう。

具体的方法はまた別の記事で!!

まとめ

①食生活をタンパク質中心にする。

②週2回30分だけ筋肉のための仕事をする。

本日抑えていただきたかったのは以上の2点!
具体的方法については、また整理して、よいサイトを作っていきたいと思います。

では、また!

スポンサードリンク

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。