日常のイライラを筋トレにぶつける方法(ベンチプレス編)

2016年2月18日

先日いつものように渋谷のナイトクラブに行ったら、ちょっとイラッとする出来事がありました。

自分がいくら楽しくストレスフリーに生きていこうとしていても、それを邪魔してくる、イライラしている人やオラついてる人、自分を棚に上げて人に口出してくる人、などなど世の中にはイライラさせてくるものがたくさんありますよね!

それをまた他の人にぶつけてしまうと負のスパイラルが始まってしまいます。

そのスパイラルを止めるソリューションのひとつとして、本日は筋トレを提案していきたいと思います。

スポンサーリンク

イライラの原因コルチゾール

s_cortisol
先日、夏のイライラ解消!有酸素運動のストレス解消効果という記事、お酒を飲んだら筋肉は分解されてしまうのかという記事でも書きましたが、イライラの原因はコルチゾールという物質にあると言われています。

このコルチゾールをできるだけ分泌させない状態にすること、コルチゾールを分解することがイライラを解消する方法になります。

ものに感情をぶつける

s_iraira2
しかし、イライラが外的要因によってもたらされてしまった場合、なんらかの方法でそれを解消していくしかありません。

その方法のひとつが有酸素運動によるコルチゾールの分解、そしてもうひとつがものに感情をぶつけることによって直接精神的にスカッとしてしまうことです。

ものに当たったりすることで精神的にスカッとするという現象が科学的にどう説明できるのかはわかりませんが、実体験としてイライラしているときは、壁をぶち破ったり、空き缶を潰したりしますよね。

そのイライラを逆手にとって、筋トレのエネルギーに変えてしまいましょう。

イライラの筋トレへのぶつけ方

s_benchg2
イライラをぶつけるのに適している筋トレ種目は、ベンチプレスなどのプッシュ系です。

チンニングとかスクワットだと自分との戦いみたいになっちゃうので、ベンチプレスのバーベルに感情をぶつけましょう。

バーベルを嫌な奴だと思い込んでください。そしてそいつを思いっきり握り締め、胸筋の力でプッシュします。

ただそれだけです。

テストステロン値の上昇

testosterone-molecule-structure
実はこれ、ただ単にイライラをぶつけているわけではありません。

嫌な奴を倒したいという感情を起こすことによってテストステロン値の上昇を狙っています。

テストステロンすなわち男性ホルモンの上昇は、筋活動のパフォーマンスを上昇させます。闘争本能が働くからですね。

これを利用しちゃいましょう。

まとめ

s_bench1
これ、冗談だと思うじゃないですか!

実際やってみるとベンチプレスで上げれる回数が1回は増えますよ。

力がみなぎって最後の一回にも気合が入るんですね。

騙されたと思ってベンチプレスのときにやってみてください!

では!

[amazonjs asin=”B011N3EFRQ” locale=”JP” title=”ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)”]

筋トレHack

Posted by K-BOY