【今週の筋トレMusic】Redfoo – Party Train

3月18日に、パーリーピーポーの代表格RedfooからNEWアルバム「Party Rock Mansion」がリリースされました。

Redfooといえば元LMFAOのメンバーです。LMFAOのParty Rock Anthemを聴いたことのない人はいないはずです。

LMFAOの2人が不仲になってしまってからRedfooはソロで活躍していて、引き続きパーティーミュージックを発信し続けていますね。

ってことで、今回はNEWアルバム「Party Rock Mansion」からオススメの筋トレMusicを紹介します。

画像の出典:www.youtube.com

スポンサードリンク

Party Rock Mansion

画像の出典:www.josepvinaixa.com

まずは曲目の紹介です。

1.Keep Shining
2.Party Train
3.Too Much
4.Beach Cruisin’
5.Booty Man
6.Lights Out
7.So Lit
8.New Thang
9.Juicy Wiggle
10.Good Things Happen When Ya Drunk
11.Where the Sun Goes(feat.Steve Wonder)[Future Extended Mix]
12.Meet Her at Tomorrow(feat. Dimitri Vegas & Like Mike)
13.Maybe
出典:itunes.apple.com

13曲ありますが、筋トレにオススメの音楽は、太字にした4曲ですね。

2.Party Train
9.Juicy Wiggle
10.Good Things Happen When Ya Drunk
11.Where the Sun Goes(feat.Steve Wonder)[Future Extended Mix]

その中でも一番テンションが上がるのが、2曲目に入っているParty Trainです。

これはテンション上がりますよ。

Party Train

イントロからテンションMAXです。

これは筋トレがはかどります。

Juicy Wiggle

次にオススメなのがこの曲です。

この曲は、メインセットというよりは、ウォーミングアップ中にかけたい音楽ですね。

徐々にテンションが上がっていくようなパーティーチューンです。

スポンサードリンク

Redfooの筋トレPlaylist

以上のオススメ曲を含んだRedfooのプレイリストを考えました!

デッドリフトをする場合

deadliftphoto credit: Sam via photopin (license)

1セット目 60kg 15reps
2.Party Train

2セット目 80kg 10reps
9.Juicy Wiggle

3セット目 110kg 10reps
10.Good Things Happen When Ya Drunk

4セット目 140kg 10reps
11.Where the Sun Goes(feat.Steve Wonder)

5セット目 160kg 6reps
2.Party Train

6セット目 170kg 6reps
2.Party Train

アームカールをする場合

arm2

1セット目 10kg 25reps
2.Party Train

2セット目 15kg 15reps
2.Party Train

3セット目 10kg 25reps
2.Party Train

Party Trainで攻めろ

workoutphoto credit: via photopin (license)

基本的にはParty Trainで攻めましょう!

サビで「フゥ!フゥ!」というところがあるので、それに乗ってテンションをあげましょう。

テンションを上がれば重量も上がります。本当です。

Party Trainで攻めましょう!

まとめ

以上、本日はオススメ筋トレMUSICのRedfoo – Party Trainについて紹介しました。

あなたのプレイリストにも入れてみてください。

AppleMusicに登録していれば、聴くことができますよ。

では!

スポンサードリンク

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。