「昔ながらの体育会系の筋トレ」と「ワークアウト」の違い

s_workout8

このブログでは、筋トレとワークアウトという言葉を同じように使っていますが、二つの言葉のニュアンスは微妙に違います。

私の考える「昔ながらのの体育会系の筋トレ」と「ワークアウト」の違いについて述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

「昔ながらの体育会系の筋トレ」

s_japan

現在の日本の体育会系の筋トレの全てがそうであるとは言いません。

実際にスポーツの設備や環境が充実している大学の体育会系は実に合理的にやっているところも多いです。

しかし、昔ながらの体育会系の雰囲気をひきずっている組織はあると思います。それは、学生の部活動に限らず、会社なども含みます。

昔ながらの筋トレでは、徹底的に追い込むことが重要であるという思想の元なっています。

辛い努力をすれば報われるという精神ですね。

周りの環境に影響されてしまい、『辛い思いをしなければ結果は出ない』と思い込んでしまっている人も日本人には多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

「ワークアウト」

s_arnold1

一方、Workout(ワークアウト)はそうではありません。

背景が違います。以前、アーノルド・シュワルツネッガーの作ったワークアウトの考え方という記事でも紹介しましたが、ワークアウトは結果にこだわる思想の元にできています。

良い結果を出すことが目的なので、その過程はできるだけ効率的で楽しめたほうがいいんですね。

頑張らないってわけではありません。

カッコよくなりたい前提で、ワークアウトするのが最善だよね。っていう考えです。

日本人もワークアウトを

s_japan

目的を達成する過程を楽しんではいけないと誰が決めたのでしょうか?

なぜか日本社会には、仕事や勉強を頑張る過程は辛くてはならない的な思考が残っている気がします。

この思考は、目的の達成の邪魔になります。

だって人生気がついたら終わっちゃうんだから、楽しくやりたいじゃないですか。

辛い思いだと続けられませんよね。

自分の正しいと思うことをやる

s_mirror

私としては、一人でも多くの人が、ネガティブ思考を持つ周りの人たちの目を気にせず、自分の正しいと思うことをやることができるようになればいいなと思っています。

自分のやりたいということをやりながら生きて入れば、人生成功できるのではないでしょうか?多分。

まとめ

以上、今回は、「昔ながらの体育会系の筋トレ」と「ワークアウト」の違いについて考察してみました。

筋トレを辛いと考えず、その過程を楽しみ、効率を追い、成果を出していきましょう。

頑張るだけでは報われません。

常により良い方法を模索して頑張っていきましょう!

では。

s_workout8

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。