アーノルド・シュワルツネッガーの作ったワークアウトの考え方

s_arnold1

いつも私が見ている北島達也さんのyoutubeチャンネルにて、興味深い考え方やエピソードがありましたので、紹介したいと思います。

動画は、若い頃に本場ロサンゼルスにわたった北島達也さんが、ベニスのゴールドジムの前にて「Workout」について語っているものです。

その考え方にすごい共感したので、動画を書き起こすような形で書いていきたいと思います。(その動画は一番下に貼っておきます)

スポンサードリンク

Workoutとは

Bradley-Cooper-workout-and-diet
Workoutとは、「Workして作り上げたものを、外にOutputする」という意味があります。

体を変えるというOutputのために筋トレ(work)を行うわけです。

つまり、運動することに意義があるのではなく、体を変えることに意義があるのです。

スポンサードリンク

ロスの人たちにとってのワークアウト

s_benis

実際にベニスビーチの人たちは、ワークアウトを出勤前にパパッと行ってしまう人が多いと言います。

体を変えるという目的のために行っているので、朝に短時間で行ってしまうのが一番効率的、合理的だと考えた結果ですね。そして、朝にすましてしまうことで、仕事のあとは家族との時間を過ごすことができるというわけです。

日本との違い

s_japan

彼らは体を変えるという目的のためにやっているので、集中力があります。そしてワークアウトに対して悲壮感がありません。

それに対して日本人は、(トレーニング=鍛錬)というイメージがあり、自分のライフスタイルを崩してしまう人が多く、悲壮感のようなものを漂わせてしまいがちです。

しかし、アメリカの人たちはワークアウト合理的に考えて、生活の一部として考えています。

ジムでデートができるようにしたかった

s_fitcouple

アーノルドシュワルツネッガーがフィットネスという文化を作り上げていったと言われています。

このベニスも一昔前は、男達ばっかりのむさ苦しいイメージだったと言います。

しかし、アーノルドは、「ジムでデートができるようにしたい」と考えて、フィットネスという言葉を流行らせることに成功しました。

動画で北島さんが語っていますが、今では、若い女性の比率が高く、しかも彼女らは、有酸素じゃなくウエイトトレーニングを行っている。しかも姿勢が良くスタイルが良い人ばかりだそうです。

日本のジムとは違いますね。

私の感想

以上、ここまでは、北島さんの動画の書き起こしです。

あなたはどう感じたでしょうか?

私は、この考え方を知ってから筋トレを始めたわけではありませんが、非常に共感しました。

しっかりと体を作るという目的のもとの努力ならば、辛いとは感じないわけですね。

皆さんも筋肉の鍛錬ではなくWorkoutをしてみてはいかがでしょうか!?

では。

今回参考にした動画はこちら

スポンサードリンク
s_arnold1

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。