筋肉をつけるために業務スーパーのブロッコリーを食べよう

体づくりをしている皆さん!ブロッコリーを食べていますか??

私はほぼ毎日鶏肉と一緒に摂っています。

ブロッコリーが筋肉をつけること、体づくりに対してかなり役に立つということは、トレーニーの間では有名なことですが、まだ初心者の人やこれから筋トレをしようという人には馴染みのない話だと思います。

ということで、本日は、ブロッコリーの話をしたいと思います。

スポンサードリンク

ブロッコリーとは?

s_bro2
ブロッコリーは、アブラナ科の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる。和名はメハナヤサイ、ミドリハナヤサイ。カリフラワーはブロッコリーの変種である。単位は「株」である。 地中海沿岸の原産。 (wikipedia)

スポンサードリンク

スペック

s_bro4
分量:100g
カロリー:33kcal
炭水化物:5g
タンパク質 4.3 g
ビタミンC:120mg
カルシウム:38mg
鉄:1mg

etc

ブロッコリーが体づくりに役立つ理由

クロムが含まれている

クロムは、筋肉に対するインスリンの働きを高めるので、筋肉へのグルコース、クレアチンの取り込みが進み、筋肉の成長に貢献します。

筋肉をつけるのに、まずはたんぱく質が必要ですが、グルコース、クレアチンはそれを助けるエネルギーとして活躍してくれるイメージです!

カルシウムが豊富

カルシウムを十分に摂取すると、カルシトリオールの分泌が抑えられます。

このカルシトリオールは、脂肪の蓄積を促す物質です。カルシウムをとると、このカルシトリオールを減らすことになり、脂肪がつきにくくなります!

ビタミンCが豊富

こちらは存じ上げている方も多いかもしれません。

ビタミンCは体の回復を助けます。筋トレをした後は回復させることが重要ですから、体づくりに役に経つわけです。

インドールが含まれている

インドールはエストロゲン(女性ホルモン)の働きを抑えるので、テストステロン(男性ホルモン)の作用を高めることにつながります。

テストステロン値が高くなると筋肉がつきやすくなるので、結果的に体づくりに役に立ちます。

どこで買うのか

s_bro7
これは、どこでもいいんですが、ブロッコリーを一株買っても切るの面倒くさいですよね?
そんな時は、みんなの味方「業務スーパー」の冷凍ブロッコリーです。

業務スーパーの冷凍ブロッコリーは160円で500g入っています。しかも!最初から細かく切ってあるので、いちいち自分で切る必要がないんですね。

ということで、業務スーパーで買いましょう。

どのように食うのか

s_bro5

業務スーパーで買ったブロッコリーは、そのまま鍋に突っ込んで茹でるだけです。

私は鶏肉と一緒にそれにポン酢をつけて食べます。

それが究極に楽で美味しい食べ方です。the男飯ってかんじですけどね笑

まとめ

以上、本日は、体づくりに役立つ食材について書いてみました。

一人暮らしをしている人で、体づくりをしているひとは、是非業務スーパーや近くの安いお店を見つけて、ブロッコリーを晩飯に導入してみてください!

では。

参考文献

日本食品標準成分表
ブロッコリーが体づくりに役立つ5つの理由 – x-fit

スポンサードリンク

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。