筋トレをしている人は仕事ができる?

本日は、コラムです。

必ずとは言えないかもしれないですが、筋トレのできる人は仕事ができるという話を聞いてことがあります。

本日は、それについて私なりに考察していきたいと思います。

スポンサードリンク

仕事ができるとは?

s_bussines

まず、仕事ができるとは、どういう人を指すのでしょうか?

いくつか上げていきたいと思います。

1.モチベーションが高い

まず、仕事をするにあたって、モチベーションが高くないと頑張ることができません。

目的、目標なしに仕事をするということは、人間にはできないはずです。

それをやっているとおそらくうつ病になってしまいます。

シンプルに「金持ちになりたい」でも良いので目標を高く持っている人は仕事ができる印象にありますよね。

2.自己管理ができる

どんなにモチベーションが高くても自己管理ができないと、仕事を計画的に進めることができません。

自分をうまくコントロールし、時に遊び、集中する時は集中するというメリハリも仕事のできる人の大きな特徴だと思います。

3.スキルがある

今私も頑張っているのがこの要素です。

モチベーションが高くて自己管理ができれば、与えられた仕事をこなすことはできるようになります。

しかし、自分でビジネスを作り出していくにあたっては、様々なスキルが必要になります。

例えばスマホアプリを作る場合、作るための発想力、デザイン技術、プログラミングスキル、ネットマーケティングのスキル、リアルでの営業のスキルなどのスキルが必要です。

やる気があって自分をコントロールできるようになったら、次は市場価値のある人間になるためにもスキルが必要ですね。

スポンサードリンク

筋トレに置き換えると

scr2 dwayne johnson hercules biceps

上で上げた、仕事ができる人の3つの要素を筋トレに置き換えてみましょう。

1.モチベーションが高い

筋トレができる人は、総じてマッチョになりたい。かっこよくなりたいなどモチベーションが高い傾向にあります。

そうでないと筋トレ自体を楽しんでいけないからですね。

筋トレは継続が必要なので、モチベーションコントロールは非常に重要になってきます。

2.自己管理ができる

筋トレができる人は自己管理が上手な人が多いです。

大体の人は仕事をしながらとか、勉強をしながら、筋トレのための時間を創出しています。

この時間をつくる。そして筋トレを週3でやろうと決めて実行するという自己管理能力も筋トレを継続し成果を出す上で非常に重要ですね。

3.スキルがある

やはり筋トレにおいても筋トレの知識をつけて、正しいフォームで、正しい栄養をとるというスキルが必要になります。

このスキルを身につけているかどうかが、マッチョになれるかなれないかの大きな違いだったりしますね。

まとめ

以上、仕事ができる人の要素と筋トレができる人の要素は共通点があるという話でした。

一概には言えないかもしれませんが、筋トレを通して、ビジネスで大切なスタンスを学ぶことができるかもしれませんし、筋トレには見た目を変えるという意義以外にもいろいろなメリットがありますね!

ということで、みなさん筋トレ頑張りましょう!

スポンサードリンク

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。