筋トレ始めたての頃は神経系が発達し使用重量が伸びやすい

s_nerve2

昨日、ターザン最新号をスポーツクラブで立ち読みしました。

内容は超回復のものでしたが、その内容の一つに筋トレ初心者に伝えたいものがありましたので、本日はその話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

筋トレを始めたばかりのとき

s_womanbench

筋トレを始めることに成功し、筋トレを一ヶ月くらい継続できた。

ベンチプレスを3ヶ月そのまま続けたとすると、最初40kg×10回だった使用重量はすぐに50kg10回に達します。

しかも、見た目もすぐに変化します。3ヶ月で顔つきが引き締まったり、ちょっとムキっとなったりします。

その時、俺このままやり続けたらどんどん筋肉つくんじゃね?と思っちゃいますよね。

スポンサードリンク

神経系の発達

s_nerve1
しかし、実はこの時のベンチプレス使用重量の急成長は、神経系の発達によるものが大きいのです。

筋トレ習慣がない人が筋トレをすることを習慣にした時、まず体はベンチプレスのために胸筋の使用率をあげるための神経系を発達させます。

40kg10回しかできない当初は、胸筋の本来の力をほとんど出せていないのです。

それが神経系の発達により、ものを押す時に筋肉をこう使った方が効率が良いのだと体が覚えます。

それですぐに50kg10回に到達するのです。

伸び率が落ちる

s_growing
がしかし、4ヶ月目くらいから少し伸び率が落ちます。

50kg10回から60kg10回までは少し時間がかかったりしますね。

これはある程度神経系が発達して、あとは筋肥大による成長しかなくなってしまったからですね。

しかし、凹むことはないです。

ここからが筋トレの本番!

筋肉の使い方を理解したら、ベンチプレスだけではなく、チェストフライなど、胸筋を使う他のトレーングでも胸筋を追い込むことができるようになります。

筋トレの幅も広がり、筋肉がより大きくなり始めるので、楽しくなるはずです。

まとめ

ということで本日は神経系の発達について話しました。

この段階をすぎると、筋トレの奥深さに気づき、はまってしまうはずです。

筋トレが続かない人は、ターザンなどを読んで楽な筋トレを探すのではなく、まずウエイトを繰り返して神経系を発達させていきましょう!

では。

参考文献

s_nerve2

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。