運動不足に起因する健康問題によって大きな経済損失が発生中

tredmill

筋トレしていると運動不足とは無縁の生活になりますが、

筋トレを日常的に行っていない社会人は、運動不足になっている傾向が高いと思います。

私の周りの23~25歳くらいの新社会人でさえそうです。学生時代は活発に運動していたのにも関わらず、運動しなくなってしまう。

そんな運動不足という問題ですが、個人の健康だけでなく、世界の経済損失も生んでいるようです。

運動不足による健康問題、経済損失年間7兆円に 研究|AFPBB News

アイキャッチ画像出典:photo credit: Foothills Activity Center via photopin (license)

スポンサードリンク

なぜ社会人は運動不足になってしまうのか

salarymanphoto credit: A Rainy Day in June / 六月の雨 #5 via photopin (license)

そもそもなんで社会人は筋トレ不足になってしまうのでしょうか?

学生時代はみんなして運動していたのに・・・・。

学生時代に運動していたのにも関わらず社会人になってから運動不足になってしまう人には共通の特徴があると分析しています。

それが、学生時代に1人ではできないスポーツしかやっていなかったことです。

中央調査者のデータでも、好きなプロスポーツは1位野球、2位サッカーであり、その2つの合計は7割弱です。

「人気スポーツ」調査 |2016年8月,中央調査社

このような団体競技は、たくさんの人数が揃って初めてプレイできます。

また、テニスや相撲などにおいても、相手がいて初めて成り立つスポーツですので、1人ではできません。

社会人になると、学生の時に比べて自分で自由に使える時間が減っていきます。しかし、野球をするにしろテニスをするにしろ、相手が必要ですので、誰かとスケジュールを調整する必要があります。

仕事もやってるのに、遊びのためにいちいちスケジュール調整するのって面倒臭いんですよね。

だから、社会人になったらスポーツをやらなくなってしまい、運動不足になる人が増えるんだと思います。

スポンサードリンク

運動不足は経済的にも損失を与える

stockphoto credit: Tokyo Stock Exchange via photopin (license)

そんな運動不足という問題ですが、個人の健康問題だけではなく、世界の経済にも影響を与えるようです。

【7月28日 AFP】日常的な運動不足に起因する健康問題により、2013年の世界の経済損失は約675億ドル(約7兆円)に上った。研究論文が28日、発表された。

 英医学誌ランセット(The Lancet)に掲載された論文によると、この損失額は、医療費538億ドル(約5兆6000億円)と生産性の損失による損失額137億ドル(約1兆4000億円)に大別される。このうち医療費については、税金からの拠出が312億ドル(約3兆3000億円)、医療保険会社を含む民間セクターによる支払いが129億ドル(約1兆4000億円)、家計が直接負担した分の97億ドル(約1兆円)となっている。

出典:運動不足による健康問題、経済損失年間7兆円に 研究|AFPBB News

運動不足になる人が増えると、それによって一人一人の健康が損なわれ、医療費がかかったり、仕事の生産性も落ちるために、経済的な損失を生むというのです。

運動不足によって損をしているのは、個人だけではなく、個人が勤める会社であり、会社で成り立っている社会でもあるのです。

ヘルス系スタートアップのFiNCはここに目をつけていますね。

ウェルネス経営というサービスは、健康問題が社員の生産性をさげますよ!なんとかしませんか!って謳い文句のBtoBビジネスです。

しかし私は、このような健康問題は1人1人の健康意識を変えないと根本解決しないと思っています。

もし会社が健康意識の高い福利厚生を設けても、個人の意識が低ければ、やらされて行うだけになってしまい、問題は解決しないでしょうからね。。。。

解決策は筋トレでしょ

workoutphoto credit: Georgi via photopin (license)

じゃあ、どうするか?

筋トレを流行らせる方が早いと思うんですよ。

「会社が言うから運動する」のではなく、「かっこよくなりたいから運動する」の方が持続性が高いに決まっています。

結局何が言いたいかというと、運動不足による経済損失を減らしていくためには、「筋トレを流行らせる」のが最も効率的なソリューションであると思いますよということです。

また、先に述べた「社会人が筋トレしなくなってしまう」問題も、筋トレによって解決できます。

筋トレは最も時間的効率の良い運動ですからね。

しかも1人で出来ますし。

そして、運動不足解消を最も直接的に行う行為と言っても過言ではないでしょう。だって、筋肉を直接刺激するんですから。

筋トレによって世界の経済損失を減らすことができます!

まとめ

ということで本日は、運動不足によって経済損失があって、それを解決するのは「筋トレの流行」なのではないか?という話でした。

じゃあ、どうやって筋トレを流行らせましょうか!?

シルバージムが頑張るしかないようですね。あとバーベリーも!

あなたの周にも筋トレを普及させましょう。

では!

tredmill

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。