筋トレばかりしている私がハッカソンで最優秀賞を取れた1つの理由

6月3, 4日にspajamというハッカソンに参加してきました!

ハッカソンとは決められた時間でプロダクトを生み出しその完成度やユニークさを競うといったエンジニアのためのコンテスト。

今回のspajamは「季節」というテーマに沿ったアプリ開発ということで、私たちは季語を使ってラップバトルをするアプリを開発しました。

そしたら最優秀賞頂いちゃったんですね。

スポンサードリンク

なぜ勝てたのか

それはもう言うまでもありません。

私たちのチームに筋肉があったからですね。

スポンサードリンク

発表にとってインパクトは重要

真面目な話、プレゼンにおいて聞き手の注目を集めること、インパクトを与えることはかなり重要になってきます。

どんなに内容が優れていてもプレゼンが面白くなかったら、それは相手に伝わらないのです。

今回、私たちのチーム Rising Sunは日頃から筋トレを勤しむエンジニアが2名、そして発表では実際にラップバトルを実践し、会場を盛り上げることができました。

https://twitter.com/hiroga_cc/status/871247341965107200

(ボディービルダーではないけどw)

筋肉という見た目のインパクト実践をエンターテイメントと化すことができたということが私たちのチームの最大の勝因であると思っています。

そしてGAP

ただのマッチョ、ただのガリ勉がそれぞれ大きな価値を生まないのと同じく、ただプレゼンが面白くても内容が面白くなければ価値はありません。

今回、私たちは人工知能(正確には学習はしてないけど)を使いました。

桜というワードを投げたら同じ母音を持つワードを抽出し、その組み合わせでラップを作るという仕組みです。

プレゼンが派手なのに技術も伴っているというGAPは、採点基準うんぬん関係なく、かなり好印象に残ります。

GAPの多い男がモテる原理です。

さあ、エンジニアの皆も筋トレを始めよう

ハッカソンに勝つために何が必要なのか?エンジニアの皆さん分かったでしょうか?

また、エンジニアではない人達にとってもプレゼンや発表において、1つ筋肉というカードを持っておくことは決して無駄にはなりません。

夏に向けてではなく、プレゼンに向けて筋トレして行きましょう!

では!

スポンサードリンク

シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験。早稲田大学理工卒。 現在はiOSアプリのエンジニアをしており、「筋肉エンジニア」という愛称で活動している。