ECが当たり前の未来の生活に”筋トレ”がマッチしている

s_drone2

最近、ネットでものを買うことが多いです。

プロテインはamazonで買いますし、リーボックのカバンは公式ECサイトで買いました。

届いたときに家にいなくても宅配ボックスに入るので、時間を気にすることがありません。

時代は変わってますね。

本日は、この「新しい時代」と「筋トレ」は、相性がいいのではないか?というテーマで書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

amazonやECサイトで時間が節約できる

s_drone1
10年前までは考えられなったことだと思います。

10年前といえば、まだ私も中学2年生の頃ですね。

amazonやECサイトで頼んだら次の日や当日に荷物が届くという常識。

これにより、10年前よりもかなり時間が節約できるようになったと思います。

買い物行く時間をかけずに、その間は仕事をしながら待つこともできますからね!

未来の都市は、ドローンや配送インフラが発達し、より物をリアルで買うことが減ってくるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

しかし、運動不足になる

s_lackofexercise
しかし、買い物に行かなくなると、歩かなくなります。

基本的に一日の外出って仕事か買い物じゃないですか?

その買い物が家でできるようになってしまうと外に出ないので、歩く量が減ってしまうでしょう。

そして、運動不足になり、人間の下半身の筋肉はより退化していってしまうかもしれません。

これは人類にとって危機ですよね。

そこで筋トレ

Bradley-Cooper-workout-and-diet
そこでマッチしているのではないかと思うのが「筋トレ」という活動です。

歩かなくなってしまい運動不足になるから、筋肉を意図的に動かし、鍛える必要が出てきます。

ちょうど現代においてもおじいちゃんおばあちゃんは同じ理由でジムに通ってますよね。

私は去年までスポーツクラブでバイトしていましたが、夜の時間を除いてお客さんはほとんど高齢の方々でした。

買い物で出かけることが減ってくる未来においては、若い人も同様に筋トレで体を鍛える必要が出てくるのでは?と思います。

そして筋トレが当たり前になる

s_workout_gym
現在、スポーツクラブのお客さんの平均年齢は55歳くらいだったと思います。(私のいたスポーツクラブは)

しかし、これから若い人も行かざるを得ない状況になっていくので、世間にとって筋トレは当たり前の活動になっていくと思います。

そんなときに、より上手に体を鍛えることができている人は目立つようになるので、多分モテます。笑

小学生のときに脚が速い人がモテるのは、運動会や昼休み、体育などで「走る」ということが当たり前で目にする機会が多く、目立つからです。

一方、大人になってからマッチョがそこまでモテないのは、筋トレがまだ常識じゃないからです。

アメリカだと常識だからマッチョはモテますよね。

まとめ

以上、本日は、未来において筋トレがマッチしていて、筋トレが上手にできてかっこいい体の人は、よりモテるようになるという”予言”をしてみました。笑

未来を先読みし、今のうちに鍛えてカッコイイ体になっておきましょう!

では!

↑最近買いました!今度レビューします!

s_drone2

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。