筋トレをすると性格が変わる?

s_brad4

私は大学受験の浪人時代のガリガリな時と今とでは性格が少し変わったような気がします。

まあ、根本的なナルシスト気質は変わってないですけどね。笑

今回は、筋トレによって性格は変わるのか?というテーマで書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

まずはイメージ

s_idealbody

まず、筋肉がある人とガリガリな人、それぞれの性格にはどんなイメージがありますか?

私のイメージでは、筋肉マッチョは積極的、ガリガリの人は消極的です。

しかしこれはイメージですので、ある程度根拠を持った上で性格が変わるのか考えていきます。

スポンサードリンク

テストステロン

testosterone-molecule-structure

筋肉をつけると、テストステロンという男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

テストステロンには、男性ホルモンが強くなるということは、性格もより男性的になると言えます。

男性的な性格とは、

①性格は積極性が強く、よりアグレッシブである
②理系タイプで機械系に強い
③他人に惑わされず考えを実行できる
あなたの性格はどっち!?2本の指で分かる男タイプと女タイプ

というように言われることが多いです。

どれも肯定的に受け取れそうですが、特に③は曲者です。他人に惑わされず考えを実行できるということは、女性との会話などでは重要な、共感することが苦手になることも意味しています。

でも実際それがオスの本来の姿なので、仕方の無いことです。

どっちがいい?

s_idealbody

今述べたように、筋肉をつけるとテストステロンの量が増えて、性格の柔らかさは減ってしまう可能性があります。

しかし、社交性がないわけではありません。活発になるので、人と話すことには積極的になると思います。

ただ、長続きするにあたって、何か共通の目標とかは必要になってきますね。

逆にテストステロンレベルが低い状態だと、共感の出来る穏やかな性格にはなると思いますが、行動力や積極性には欠けてしまうため、世の中でいう成功者にはなりにくいかもしれません。

まとめ

とは言っても筋肉とテストステロンが全てではないですけどね。笑

それを分かった上で筋肉があった方が人生を楽しめると思えば、筋トレをすべきだと思います。

あしたもがんばりましょう!

では。

スポンサードリンク
s_brad4

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。
Instagram