サラリーマンのライフスタイルの方が筋トレがしやすい

jump

私は新米サラリーマンです。

この前までは大学生だったのですが、サラリーマンのライフスタイルにも慣れてきました。

そんなサラリーマンのライフスタイルにこそ筋トレって合うし、必要なのでは?と思いますね。

スポンサードリンク

サラリーマンの生活

eska
私はサラリーマンを1年弱しか経験していないし、まだ1社目なのでサラリーマンの実態に対して詳しいわけではないですが、

自分の生活と、様々な人から聞いた話をもとに考えると、

サラリーマンは働く時間が決まっている

と言えると思います。(例外は除く)

それに対して自営業の人なんかは、ある程度自分の思う時間で働くことが可能であると思います。

この働く時間が決まっているということにメリットとデメリットがあると思っています。

スポンサードリンク

時間が決まっていることのメリットデメリット

メリット

・予定が立てやすい
・切り替えがしやすい
・一定の休む時間が確保される

デメリット

・体調や都合に合わせられない
・時に睡眠不足になる
・いい天気でも外で遊べない

まあ、こんな感じですよね。

時間が決まっているというのにはメリットもデメリットもあるわけです。

しかし、筋トレを継続していく上に置いて、このメリットが多いに役に立つのではないか?と思ったのです。

時間が決まっている方が筋トレがしやすい

kaisatu
実は筋トレも1時間などと時間が決まっていて、トレーニング間の間隔も3日などと決まっている方が継続はしやすいものです。

それに、筋トレはやればやるほどよい訳ではなく、体の回復サイクルにうまくはめることも重要な要素になっています。

と考えますと、この筋トレ、働く時間が決まっているサラリーマンの方がマッチしているとは思いませんか?

サラリーマンのようにある程度9〜18時勤務、土日休みと時間が決まっている方が、筋トレの予定も組み込みやすいのです。

仕事の時間を決めるように筋トレをする時間も決めてしまえばいいわけですから。

時間が安定しない自営業の人よりも筋トレを継続しやすい気がしますね。

まとめ

私はスキルを身につけて自営業になったり起業することを目標としていますが、多分それってサラリーマン時代よりも忙しくなる気がするんですよね。

だからサラリーマンの今の方が筋トレはしやすいかな!って今は今で前向きに捉えています。

読んでいる方にサラリーマンの人も多いと思います。

サラリーマンだからこそ言い訳はできないのです!(例外は除く)

サラリーマンの人こそ筋トレしましょう!

では。

jump

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。