ネタバレなし!映画「バットマン vs スーパーマン」の見どころ

s_IMG_0944

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」を見てきました!

安心してください。ネタバレはしませんよ。

バットマンとスーパーマンについての記事を書いていたら、我慢できなくなって見に行ってしまいました。

以下、映画館について思ったことと、映画の見どころについて書いていきます。

映画について知りたい方は、前半の映画館の話は飛ばして読んでください!

スポンサードリンク

鑑賞した映画館

画像の出典:blog.livedoor.jp

映画の内容について触れる前に少し映画館についての話を。

今回、鑑賞した映画館はアリオ西新井のTOHOシネマズでした。

最近は六本木のTOHOシネマズで見ることが多かったのですが、六本木って人が多いのでストレスが溜まるんですよね。

その一方、都心から離れる方向の映画館であれば比較的人が少ないはず!と思って今回は西新井に行ってみました。

結果その通りで、アリオ西新井はファミリー層が多く、込み具合も程よい程度でした。

特別、都心にしなければいけない理由がなければ、映画館はローカルな場所を選ぶに限りますね。

今回は一人でのんびり映画を見たかったので、快適でした。

スポンサードリンク

座る席

画像の出典:tokyo.itot.jp

映画の内容に触れる前にもう一個だけ思ったことを。

1人で映画見るときに座る席なんですが、できるだけストレスなく見るために気をつけることがあると思っています。

・カップルの近くに座らないこと
・団体の近くに座らないこと

これですね。

カップルも団体もおしゃべりするんですよ。

1人で見に行くときにそういった人たちの近くに座ると映画に集中出来ません。

だから、今回もそれに気をつけて席を選びました。

ポイントは、

・一番後ろの席にはしないこと
・真ん中付近にしないこと

この2つです。カップルもファミリーもいわゆる団体なので、団体行動をします。

団体行動っていうことは、常識的な行動をするわけですよ。

常識的に考えて、真ん中の一番後ろの席が一番見やすくて快適じゃないですか!

カップルは一番後ろの方がイチャつきやすいじゃないですか!

ってことで、私たち映画をちゃんと見たいぼっちは、映画館のサイドの通路側の後ろから3、4番目くらいを狙うべきです。

ぼっちでの映画鑑賞はちょいサイドバックを狙え!

マンオブスチールを見ておけ

画像の出典:www.warnerbros.com

映画の内容についてです!

私はマンオブスチールは見ているけど、バットマンは見ていないという状態での鑑賞でした。

見て思ったのは、

バットマン ビギンズ (2005年)、ダークナイト (2008年)、 ダークナイト ライジング (2012年)は、見てなくても大丈夫だけど、見ていた方が5%くらい面白さがアップするということ。

しかし、「マンオブスチール」は絶対見ておくべきだということです。

スーパーマンの誕生の背景とかはわかっておかないと、登場する宇宙船がなんなのか良くわかりません。

私もマンオブスチールを見たのが半年以上前でしたので、直前に見るべきだったと後悔しました。(金曜ロードショー見ればよかった)

ってことで、これから見に行く人は、マンオブスチールをもう一度復習してからこの映画を観に行きましょう。

そして、できたらバットマンのダークナイト ライジング (2012年)も見ておくと良いです。

ベンアフレック演じるブルースがカッコイイ

画像の出典:www.forbes.com

バットマンになるのが、ベンアフレック演じるブルース・ウェインという男です。

ブルース・ウェインは表むきはただの大富豪で、密かにバットマンをこなしているという人物。

このブルースの生きる姿勢がカッコイイんです。

っていうのは、目標に向かってめちゃめちゃ身体を鍛えているんですよ。それもジムでではなく、倉庫のタイヤとかを使って鍛えるんです。

そして、筋肉バカではなく、コンピューターも使いこなしているんです。

肉体も鍛えながら、テクノロジーを使いこなしている姿勢は、私のロールモデルとなりますね。

頭も良くてムキムキって一番カッコイイですよ。

ワンダーウーマンについて

画像の出典:www.cinemablend.com

私がバットマンとスーパーマンの力強い戦いの他で楽しみにしていたのが、ワンダーウーマンの登場です。

少しネタバレになりますが、ワンダーウーマンはちょっとしか出てこないです。

今回の話のキープレーヤーではありません。

セクシーなガル・ガドットがもっと見たかった・・・・・。笑

おそらく今作の続編などでもうちょっと出るでしょうね!

まとめ

・ぼっち映画鑑賞はちょいサイドバックを狙おう
・マンオブスチールを見ておこう
・ベンアフレックの役がかっこいい
・ワンダーウーマンは続編に期待

ほとんどネタバレにはなってませんよね!?

ぜひ劇場に行って、なんで2人は戦うのか、そして2人のたくましい肉体を鑑賞しましょう。

そして筋トレのモチベーションもあげましょう!

私もスーパーマンみたいにガタイ良く、ベンアフレックの役みたいに聡明でマッチョな人間になりたいです。

では!

筋トレ方法はこちら!

・スーパーマン
マンオブスチールのスーパーマン役ヘンリー・カヴィルの筋トレ

・バットマン
バットマン役ベン・アフレックの筋肉と筋トレメニュー

・ワンダーウーマン
ワンダーウーマン役のガル・ガドットの筋トレメニュー

s_IMG_0944

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!

筋トレ記録・共有アプリ
「バーベリー」


シルバージム筆者のK-BOYが開発しているアプリ。今の所iOSだけですが、随時AndoridやWEBも作っていく予定。密かに世界狙ってます。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。