コーヒーを筋トレ前に飲むと良い理由

s_coffee3

私はコーヒーを1日3杯くらい飲みます。

コーヒーの効果についてはプラス面とマイナス面があるようですが、本日は筋トレや筋肉をつけるにあたってコーヒーが与える影響というものフォーカスしていきたいと思います。

スポンサードリンク

コーヒーとは?

s_coffee4
その前にコーヒーとはどんなものか?を定義しておきましょう。

コーヒー(オランダ語: koffie / コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料である。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。(wikipedia)

もっともポピュラーな嗜好品といえるでしょう。

コーヒーを飲むと落ち着きますよね。

では、コーヒーに含まれるカフェインにはどのような効果があるのでしょうか?

スポンサードリンク

カフェイン

s_cafein
コーヒーにはカフェインが含まれます。

カフェインと言えば、眠け覚ましなどによく使われているイメージですね。

メガシャキなんかはコーヒーの何倍かのカフェインが入っているそうですよ。

世の社会人たちはこのカフェインの力を借りて日夜働いていますね。

本題ですが、このカフェインがどうやら筋トレに対して効果的に働くようです。

筋トレに対してのカフェインの効果

s_coffee2

アドレナリンが出る

カフェインの摂取によりアドレナリンの分泌が促されると言われています。

アドレナリンが出ると、力を発揮しやすきなりますし、集中力も高まります。

興奮しているときの方が筋トレやスポーツのパフォーマンスが上がることは実証されていますし、多くの人にも実感があることだと思います。

私も筋トレ前にコーヒーを飲むようにしていますが、実際集中力があがるような気がします。

体脂肪減少効果の促進

カフェインにより、グリコーゲン(糖分)をエネルギー源として使う働きが抑えられ、代わりに脂肪をエネルギー源に使うようになると言われています。

筋トレの消費によって脂肪も燃やしてくれるなんて一石二鳥であります。

とりすぎはよくない

s_coffee1
なんでもそうですが、摂りすぎはよくありません。

カフェインの副作用についてもよく論じられていますが、そのほとんどが飲み過ぎによるものです。

1日3杯くらいに抑えれば大丈夫だと、以前専門家の方が言っていたのを聞きました。

まとめ

以上、本日はコーヒーを飲むことによって得られるカフェインの効果について書きました。

カフェインを取るだけなら、コーヒーじゃなくて、栄養ドリンクのモンスターなどでも良いのかもしれませんが、個人的にコーヒーが好きなので、オススメします。

ぜひ、コーヒーはブラックで飲みましょう!笑

では。

参考文献

筋肉づくりをめざす人にとってカフェインの効果は?

s_coffee3

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!

筋トレ記録・共有アプリ
「バーベリー」


シルバージム筆者のK-BOYが開発しているアプリ。今の所iOSだけですが、随時AndoridやWEBも作っていく予定。密かに世界狙ってます。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。