このままシルバージムというブログ名で行くか、変えるか

dumbell1

もしシルバージムをこれから大きくしていきたいのなら、名前を変えた方がいいのか!?って最近考えます。

でも変えないメリットもあるんですねー。

ちょっと変えるか変えないべきかについて書いていきます。

スポンサードリンク

ブログ名をシルバージムにした理由

もともとシルバージムという名前にしたことにそんなに深い意味はありませんでした。

ゴールドジムがあるから、シルバージムでいいんじゃね?」みたいな感じです。

しかも作ったのは本当にノリだったので、既にシルバージムっていうジムとかサイトがあるとか、何も調べていなかったんですね。笑

しかし、そんなノリで作ったシルバージムは月間18万PVにまでなっていて、私としてもブログを大きくしたり、そこでアプリを宣伝したりするっていうことに対するモチベーションがすごく高くなっています。

そこで一つ問題があるわけですよ。

それは、「シルバージム」っていうジムが既に日本にあるということです。笑

スポンサードリンク

「シルバージム」っていうジムが既にある

今、Googleで「シルバージム」って調べると私のブログが一番上に出るんですが、シルバージム パーソナルトレーニング恵比寿っていうのが2番目にあって、こちらは本当にスポーツジムなのです。

一方で、私がやっているのは「シルバージム」っていう名前のブログであって、リアルなスポーツジムではありません。

これってヤバいのかとか考えたんですけど、仮に商標登録がされていても、別のサービスであれば特に特許上も問題はないようです。

特許庁が、商品やサービスをカテゴリー別に分類したものがあり、【第1類】~【第45類】までに分けられています。(※第10-2015版)

これを区分といいますが、区分が違えば、同じ商標や似ている商標を登録することができるのです。

例えばA社の登録商標「TORERU」があります。A社のビジネスは「知的財産権に関する手続の代理又は鑑定その他の事務【45類】」だとします。

B社も、A社と同じ「TORERU」を登録したいと考えています。B社のビジネスはアパレルで「被服【25類】」だとします。

A社とB社の商標はどちらも「TORERU」ですが、商品やサービスのカテゴリーが違うので、この2つは類似とはならず、どちらも登録が認められるのです。

出典:Toreru Media 商標登録の情報発信サイト

ってことで、シルバージムはただのブログですし、問題ないかなーって楽観的に考えることはできるんですが、自分的には何か納得できないんですね。

どうせ拡大を狙うなら個性的な、固有の名前をつけて、アプリとかについても打ち出していきたいって思うんですよね。

で、なんで変えるか変えないかを迷っているかというと、メリットもあるけどデメリットもあるからです。

変更のメリットデメリット

メリット

・既存のシルバージムさんにとっての紛らわしい存在が消える
・自分としても罪悪感なく今後もブログ運営ができる
・作っているアプリ名とブログ名を同じにして打ち出せる

デメリット

・ドメインがsilver-gym.netだからサイト名変えたらドメイン名も変えた方がいいけど、変えたら今まで積み重ねてきたSEOがもったいない。
・「シルバージム」で検索してくれる人が多いから変えたら、その人たちがたどり着けなくなる

こんな感じです。

この2つのデメリットを解決するためには、

①ドメイン名は変えないor新しいドメインにリダイレクトする
②移行期間を設け、「もうすぐシルバージムは○○に変更します!」って言いまくる

こんなところでしょうか。

これからブログやアプリをブランディングしていきたいなら、いつかは名前を変えなければならないでしょう。

だったらもうやっちゃった方がいいですよねー。

一度訪問してもらって名前を覚えてもらえばブログ名で検索してくれる人がいるので、そういう意味ではこのようなタイトルの付け方もメリトはあります。但し、このようなタイトルにする場合は「更新して記事数が増えていくようなブログ」にするときに使うのがおすすめです。記事数が少ないのにブランディングは難しい。

ただ、何のキーワードも狙っていないので、ブログのタイトルの変更のリスクは少ないでしょう。訪問者的にはちょっと迷ってしまうけど。

出典:affiliate150.com

このようにおっしゃっている方もいるので大丈夫かな!

まとめ

以上、本日は、このままシルバージムというブログ名で行くか、変えるかについて考えてみました。

変えるか?って言ってるけど、何に変えるかは思いついていません。

キャッチーな名前がいいから「BARBEL」とか「DUMBELL」とかが良いのかなー?

まあ、気楽に考えます。

では!

dumbell1

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!

筋トレ記録・共有アプリ
「バーベリー」


シルバージム筆者のK-BOYが開発しているアプリ。今の所iOSだけですが、随時AndoridやWEBも作っていく予定。密かに世界狙ってます。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。