Reebok Fitness Battle Raceってサスケのチーム戦?

reebok

シルバージムにちょこちょこ広告が貼ってあると思うんですが、そこに興味深いのが表示されてきました。

それが今回取り上げる「Reebok Fitness Battle Race

自分のサイトのAdsense広告は押したらいけないんですが、気になりすぎて思わず押してしまいましたw

慌てて消して、Googleで検索してみましたが、これってこの前記事にしたSASUKEっぽいですね。

筋肉だけではない!SASUKE出場に必要な3つの要素

ってことで、「Reebok Fitness Battle Race」を調べてみたので紹介します。

アイキャッチ画像の出典:fitness.reebok.jp

スポンサードリンク

Reebok Fitness Battle Raceとは

画像の出典:metropolitana.tokyo

Reebok FITNESS BATTLE RACEは、
“肉体” “精神” “仲間との絆”をもって4人一組で究極のタフネスを競う障害物レース。
日頃から身体と精神を鍛えている猛者たちでも、完走は容易ではない。
超えるべき壁を前に、あなたはひとりではない。
仲間とともに、限界を乗り越えろ。
Reebok FITNESS BATTLE RACE、2016年10月1日(土)、初開催!

今年が初開催らしいです!

この前Sasukeをテレビで見て影響を受けまくっている私には、このイベントがSasukeの団体バージョンに思えて仕方がありません。

1人で参加するのではなく、チームを組ませるといった当たりがCrossFitの仲間と切磋琢磨しよう的なカルチャーをよく示していますね。

すごく面白そうです。

スポンサードリンク

ステージ紹介

画像の出典:fitness.reebok.jp

公式サイトには3つだけステージが紹介されていましたので、一個ずつ見ていきましょう。

1.ハイパーウォール(Hyper Wall)

画像の出典:fitness.reebok.jp

そり立つ壁じゃないですか!

しかし、このRaceは4人チームで進んでいくということで、互いに助けあって壁を登ることになります。

多分一番能力の高い人が先に一人で登って、その後に手を伸ばしたりしながら協力して登っていく感じになるでしょう。

これを見て私が思い出すのが、プリズンブレイクですね。

身体能力の高い囚人たちは先にどんどんいけるけど、デブの奴がなかなか登れなかったり、老人が諦めたり、、、、w

プリズンブレイクのように様々なドラマが生まれそうなステージです。

2.アイアントレイン(Iron-Train)

画像の出典:fitness.reebok.jp

ムカデ競走の要領で4人の右手、左手を固定し、全員で一斉に右手、左手と交互に腕を前に出し進んでいく。

これは・・・。

絶対難しいやつですよ。

ムカデ競争も難しいのにそれを腕でやるなんて。。。

しかし、ムカデ競争もそうですが、先頭の力の強い奴がガンガン引っ張っていったらうまくいくかもしれませんねw

3.スパイダーウォール(Spider Wall)

画像の出典:fitness.reebok.jp

クリフハンガーとかよりは簡単そうに見えます。

足も使えますからね。

ボルダリングとかに近いんでしょうか?

ボルダリングで使う筋肉の部位とその筋トレメニュー

しかし、このステージも紐で4人が繋がれているので、互いが気を使わないといけませんね。。。

一人が調子に乗ってガンガン前に進んでいくと、後ろの人に、

おい!ちょ、待てよ!

ってキムタクばりに怒られそうですねw

綺麗なお姉さんもいるんじゃないか!?

画像の出典:metropolitana.tokyo

こちらの記事によると、中村アンさんがデモに参加したそうです。

当日も来るみたいなことが書いてあるインスタもありました!

中村アンも出場!リーボック「FITNESS BATTLE RACE」 本日からエントリー開始 本日は、リーボック「FITNESS BATTLE RACE」の記者発表会に 訪れました。 リーボックはフィットネスを通し、 自らの限界に挑み、成長していく全ての人達を応援するべく 今年10月1日に千葉にてリーボック史上最もタフなチームレース「FITNESS BATTLE RACE」 の開催が 決定され、本日からエントリー開始されています。 リーボック「FITNESS BATTLE RACE」とは4人一組で行われる リーボックオリジナルのオフスタイル(障害物)レースです。 記者発表会では大会出場チームの方が お試しでハイパーウォールの障害物にチャレンジしましたよ ハイバーウオール 高さ3メートル目の前にそびえたつ壁 ハイバーウオール 決して1人では乗り越えられない壁をいかにして攻略するかが鍵 リーボックは Be Nore Human 人間をきわめろのメッセージのもとフィとネスを通して自らの可能性を最大限に高め そして成長していくすべての人たちを応援されています。 黒帯さん^ ^もハイパーウォールの前に立ってみたのですが これを超えるのかと思うとびっくりです。 しかしながら 中村アンさんも大会出場されるそうですよ 一人の力でなくみんなの力をあわせる競技 みなさんも挑戦してみては #tokyo #旅に出るよ #そうきたか #リーボック #そうきたか #fittness

黒帯さん^ ^さん(@shin_kuroobisan)が投稿した動画 –

ファンの方は是非!

また、公式サイトに載っているゲストチームにも綺麗なお姉さんがいますね!

画像の出典:fitness.reebok.jp

画像の出典:fitness.reebok.jp

やっぱりフィットネス女子はいいですね!

まとめ

早割エントリーは、6/16(木) – 7/27(水)だそうです。

場所は、千葉県袖ヶ浦の東京ドイツ村内だそうです。内房ですね。

かくいう私は個人戦がいいので出ませんが。笑

ってことで、周りでチームが組める人は是非検討してみてください!

では!

公式サイト:fitness.reebok.jp

reebok

筋トレの素晴らしさをSNSでシェアしよう!


シルバージム筆者K-BOYが開発している筋トレ記録アプリ。筋トレSNS目指してます!Andorid版開発に協力してくれる人募集中。。。

ABOUTこの記事をかいた人

1991年札幌生まれ。大学時代にフィットネスクラブで4年間インストラクターを経験し、2015年に早稲田大学総合機械工学科を卒業。 現在はベンチャー企業で主にiOSのエンジニアをしている。プライベートでは筋トレブログを更新しながら筋トレアプリも開発。なんで筋トレしてるかって?モテたいからです。